ジャンポケネットにようこそ

ジャングルの中に、自転車・農業・陶芸が主体の、テーマが隠れています。
3つのテーマを追求しながら、広範囲な趣味への連鎖・展開を期待しつつ。

(トップページが重いので、2ページ目から軽くテキストで、ご案内します)

かっこんクラブにようこそ! 自転車・農業・陶芸・アウトドアー大好な仲間のクラブです。
30,763

Yesterday: 5 Today: 6

自転車とデザイン 窯を造ろう 開墾から始めて準備全般
自転車あれこれ 粘土造りと精製 野菜・樹木・収穫と結果
旅と自転車 轆轤を廻す よもやま話・あれこれ

読む・見るに疲れたら、可愛い猫・犬のお部屋で
ひと休み下さい


ワピ セリエ

NEWSを見て感じる事


冒険旅行の始めに、心の底にあった思はアフリカの奥地ザイールで言葉として明確になった。
そして長い旅はこの言葉で私を支え自転車をこぎ続ける事が出来た。聞きなれた東アフリカのスワヒリ語に、
ザイールの公用語ベルギーフランス語造語?。【何処に本当がある】。世界には正解や本当は沢山ある。
だから常にこれを言い続けて確かめなさいと自問するのです。

バーテンバーヤ 大自然の中に住んでいると、この言葉で救われ、未練・執着・禍根を残さず死んでいくことが出来る。
ライオンに襲われ突然死んでも、周囲の友人家族は思いっきり泣いて忘れる事が出来る魔法の言葉。
そうしなければ生きていけない世界。だから、私も全て心をこれで処理する。
バーテンとは【神様】でバーヤはスワヒリ語ではこの前にMが着いてムバーヤと書くがMは発音しない。
意味は【悪い】つまり、神様が悪いと直訳するより、運が悪い・運が悪かった。これがアフリカの真髄であろう。
しかし本来は人間の真髄でもあろうや。